誰でもなる可能性がある性病!症状知っていれば安心

  • -

誰でもなる可能性がある性病!症状知っていれば安心

日本人に多いのがクラミジア

性病とは性行為によって感染する病気の事で、誰でもなりうる病気の事なのです。自分が気を付けていてもパートナーが感染しているとうつってしまう事もあります。性病にはどのような物があるのか一般的な病気を見て行きましょう。まず日本で一番感染者が多いのがクラミジアです。これは聞いたことがある人も多いでしょう。クラミジアはクラミジアトラコマティスという菌によって感染し、男性は尿道炎を起こして痛みや膿がでたり、女性はおりものや出血が起こる場合もあります。

女性に多いのがカンジタ症

性病には他にも様々あるのですが、女性に多い症状がカンジタ症です。これはもともと身体に存在している菌なのですが、免疫力が低下していたり疲れていると発症してしまいます。女性器に激しい痒みが出て、ヨーグルトのようなおりものが出てきます。男性が発症すると痒みや水疱が出てしまう事があるのです。女性の場合かなりの痒みが出てしまうので、掻いたりせずにすぐに病院行くと安心です。治療すればすぐに治る症状なのですよ。

男性に多い症状が淋病

男性に多いと言われている性病が淋病です。淋菌が原因で起こる病気であり、男性が発症すると尿道に痛みや膿がでます。女性の場合には痛みや不正出血が起こってしまいます。これらの性病の他にも様々な病気があります。性病は初期の段階では症状が出ない事も多い為、もし自分が何か違和感を感じたらパートナーと一緒にすぐに病院に行くと安心ですよね。女性の場合は放置してしまうと不妊症や流産の原因ともなってしまうので早めに治療する必要があるのですよ。

性病には潜伏期間があり症状が現れるまでに時間がかかるので、思い当たるときは早急に検査を受けることが大事です。